ゼクシィ縁結びエージェント

ゼクシィ縁結びエージェント

男と女の 間には深くて暗い 川がある

読者の皆様は、野坂昭如の「黒の舟唄」はご存知でしょうか?

古き好き昭和に青春を過ごした私は、いったい誰が歌ったものなのか?は、たった今、調べて知ったくらいではあるが、“男と女の 間には深くて暗い 川がある” という歌詞の一部分だけは知っていたという、有名な歌詞なのです。

歌は知らなくても歌詞だけは人々の記憶に残っていったのは何故なのか?

 

男も女も長い人生のとあるとき、いくら説明しようが真意が伝わらなかったり、すっかり誤解されてしまったり、なんでこう通じないのか?と疲れ果て、「結局、オトコにはわからないのね」「所詮、オンナには通じないのだ」と諦めざる負えない瞬間があるのでしょう。

私(女)は学生時代は人見知りでコミュニケーションから外れるような子だったが、見た目は三流モデルクラブで活動出来る程度のルックスだったものだから、親の倒産により、学費と生活費を自分で稼ぐため、モデルやキャンペーンガールのバイトや、ホステスのバイトをしたのだが、誰とも付き合ったことがないのにイキナリのバイトが六本木のキャバクラ(に近いクラブ)だったので、
飲めない、楽しくない、色気ない、とナイナイ尽くしのホステスでお客様にもいじめられる事もあり、慣れるまではよくトイレで泣いたけど、辞めたら学校も生活も続けられないと思って頑張って社交性を身につけた。

その頃の癖なのか? まだ親しくない相手には、自分の気持ちをきちんと語るよりも、ノリとしての会話を優先してしまうところがあり、どうも人に誤解されてしまうようなのだ。

さらに、ちょっと恋心が生まれたら、テンション上げ上げになって、興奮した犬がクルクル回ってオシッコ漏らしているような心理状態で、あるコトないコトは言わないけど、お相手の話はあまり耳に入らず、ノリトークをガンガンしちゃうっていう悪い癖が出てしまうんです。

しかも、普段、男っ気がないから、会話は女子トークから引っ張ってきたものばかり、イケメン好きじゃないけどイケメンネタも話しますし、年収重視じゃないけど、年収ネタも話します。ヤッたヤラないなどエロ系も(笑)自分の話じゃないんですけどね、トークネタだったんですけどね男性はドン引き。

社会人になってからは九割り女性の仕事場で、しかも激務だったので、殆ど男性と接すること無く、20年間に彼氏がいた期間が合計6ヶ月(笑)で、40代中盤になってしまったので、アニメオタクのモテナイ童貞くん達が「初音ミク萌〜」って会話を普通の女性にしちゃう感じの女バージョンです。悪気もないし、単に異性なれしていないだけなんだけど、変に社交性あるのと見た目が派手なので、そう見えないみたいで、普通の感覚の男性には疑われたり誤解されました。

もっと遊んでいる男性なら私が男性慣れしていないのに気がつくのでしょうけど、結婚相談所に入るってのは、わりと恋愛には真面目なタイプが多いので、わからないんですよね。逆に、恋愛経験がない、人との距離が測れないような男性もまた、何もわからないだけに、疑ってくるような事はないんですよ。

自分は見る目があると思っているような普通の男性に限って勘違いしてきます。

私はどちらかと言うと、女子トークではみんなと意見が分かれるタイプなんだけど、私は四畳半でも愛があればいいタイプなんだけど、世の中の女性の大半は妥協して結婚しているんだけど、男性は女子トークでぶっちゃけ話を聞いたりしないから、まさかそうなんて思ってないから、そんなことを言う私がそう思っていると思うわけ。私は自ら妥協なんて言葉も使わないけど、みんなが言うから言葉にしただけなんだけど、みんなが旦那が一番好きなわけじゃなかったとか、みんな色々言うんだよね。もちろん大好きで結婚したパターンもあるんだけど、大好きな方が続かない。10年、20年で離婚、もしくは仮面夫婦になっているよね。悲しいかな妥協したり条件で結婚した人は平和に続いている。これ妻側から聞いた話ばかりだからね、旦那はセックスレスだけど、うちは上手く行っているなんて呑気に純粋に信じてるけど、家族になっちゃったからセックスしたくないなんて、男としては嫌いってことだからね?まれにいるずっと旦那さんを好きな奥さんはセックスレスになんかなってないよ。もちろん、ちゃんと家族でもある。

私を悪者にするだけ、男の人は純粋なんだなぁと思うけど、悪者にしたときの表情はだいたいほくそ笑んでいて意地悪な顔をしていました。他にも心理テストや質問の答えも男性の答えは自分勝手なものが多く思いやりは欠ける人が多いなぁと思いました。

結婚している友達曰く、男性は自分のことしか考えられない生き物だから、思いやりのある男性なんて数パーセントしかいないし、男性に思いやりを求めたら相手が見つけられないと言われました。