ゼクシィ縁結びエージェント

ゼクシィ縁結びエージェント

平日の昼間のカフェで赤ん坊を抱いて敬語で話す相手は旦那か?知人か?

※たんに驚いた夫婦だったので記事にしましたが、この先もオチも何もなく面白い話ではありませんので・・・。

新宿東口のカフェベルクで一人ブランチしよー。
いつも混んでて入りにくいのだけど、この日はすんなり席に座れました。ラッキー。

赤ちゃんを抱いた女性の怪しい行動

ご満悦のところ、赤ちゃんを抱いた女性が私の隣に座った。
しかし、立ったり座ったり落ち着かない様子でカウンターを見ている。

カウンターに並んでいる男性(外人)がチラチラ女性の方を見ているので、この外人さんが旦那様なのかな?と思っていると、

女性「・・・すみませんっ・・・すみませんっ・・・」

控えめとはこういうことか?というような、か細い澄んだ声で弱々しく呼びかけている。

あんまり見ては悪いと気を使っていた私だったが、とうとう気になって横を見てみたら、カウンターに向かって声をかけている。

女性「すみません、もうすぐ来るので・・・」

どうやら、外人は旦那さんではなかったらしい。旦那さんが来るまで注文できないからオロオロしていたようだ。

わたし「何かお手伝いしましょうか?なんでも言ってくださいね?」

女性「ありがとうございます。大丈夫です(笑顔)」

品のいいお嬢様って感じの、まだ若いかわいらしい女性が透き通った声で答えてくれた。ぽっちゃりしたお顔の赤ちゃんも大人しくこちらを見ている。

しばらくすると、身長低めでちょっとぽっちゃり気味の、顔もお世辞にもイケメンとは言えない男性がやってきた。年齢もけっこう年上のような・・・。

ん???旦那さんかな?きっと性格がいい優しい旦那さんなのだろう。うん、きっとそうだ。

余所余所しいふたり

旦那さんが注文をして席に着いて、二人で会話を始めたのだが、なんか変に余所余所しいのだ。

文字にすると伝わらないと思うけど、男性は気軽な感じに話しかけるのだけど、女性が抑揚がなく淡々とした感じで敬語で受け答えている。親しい感じがしないのだ。

旦那さんじゃないのかな? じゃあ誰? 赤ちゃん連れて昼間二人でベルク来る間柄ってなんだろう?赤ちゃんもぽっちゃりしたお顔立ちが男性に似ているような・・・似ていないような・・・。

女性「本当にここのコーヒー美味しいですね」

男性「でしょ」

女性「どこどこ(店名)のコーヒーもよいですよね」

ん???コーヒー同好会の仲良し仲間?

 

女性「働いている頃に知っていたら、きっと来ていたとおもいます」

男性「そうでしょ?ギネスで飲んだりすると、またいいんだよ」

女性「そうなんですか、いいですね」

ん???コーヒーだけじゃなくグルメの会とか?

 

男性「佐藤さんがうんたらかんたら・・・・」

女性「佐藤さん、お元気なんですかね」

ん???共通の知り合いがいる・・・元同僚なのか?

 

男性「佐藤さんには頑張ってもらったから・・・」

ん???その上から目線は管理職?とか、もしや経営者?

 

女性「おやつにチキンサンドが欲しいです」

男性がカウンターに見に行ってお弁当を持って見せにきた。

 

男性「お弁当美味しそうだよ?お弁当にする?」

女性は無言でしたが、頷いていたようでお弁当でレジでお会計していました。

 

食べ終わった私はそろそろ帰りたいのだが、どうにもこうにも二人の関係が知りたくて、しばらく残りのコーヒーをちびちびやっていた。

二人の関係が判明

しかしいつまで経っても普通の夫婦っぽい会話が出ない。・・・と思っていたら。

男性「そういえば、鈴木さんて、どこどこに住んでるんだってさ、うちから近いよね?今度、遊びに来てもらおうか」
きたー!!!

待っていたかいがありました。ご夫婦だったのね。

こんな余所余所しいご夫婦もいるんですね。上司(社長?)と部下だったから敬語が抜けないのでしょうか?しかし控えめな奥様が敬語を使ってくれるって、昭和な感じでいいですよね。

私の友達にも旦那さんのことをずっと「さん」付けの人もいるし、私もずっと「さん」付けだった彼もいるし、敬語まではわからなくもないのですが、このご夫婦は一線引いたような距離感があったので不思議でした。

でも本当のお嬢様はそうなのかもしれませんね。紀宮様(さーや)も旦那様と敬語でお話されているでしょうしね。冗談なんて言わなさそうです。

「チキンサンドが欲しいです」も「チキンサンド欲しいなぁ~」とか「チキンサンド買って~」よりお嬢様っぽいですよね。

でも、せっかく買ってきてくれた旦那さんにお礼は言ってなかったな。お礼は言うよね、お嬢様でも庶民でも。敬語は使いつつ、深層心理では下僕だと思ってるとか? なんてね。赤ちゃんを抱きながらですし、気が付かなかっただけだと思います。